リッチメッセージは画像とテキストを組み合わせて、情報を一つのメッセージとして配信できる機能です。

このような目を引く画像でのメッセージは、単なるテキストメッセージに比べ、よりユーザーの注目を集めやすく、さらにウェブサイトやクーポンへ誘導できます。

つまり、タップ率が上がりやすくなります!

この記事では、LINE公式アカウントのこの注目すべき機能、リッチメッセージについてわかりやすく解説しています。
またリッチメッセージのデザイン事例も御覧ください。

LINEで集客&売り上げUP!URAKATA LINEにおまかせ!

  • 思うように集客できない…
  • 広告にばかりコストを使えない…
  • とりあえずLINEを始めたけど効果が出ない…

そんなお悩みを、URAKATA LINEが解決します!

URAKATA LINEはこれまでに100社以上のサポート実績があり、効果2.8倍、来店率4.2倍などの事例も豊富にあります。

これまでに積み重ねてきた独自ノウハウをもとに、URAKATA LINEだからこそのLINE勝ち確パターンで貴社のLINE運用を徹底サポート。

BtoB、BtoC、すべての業種で効果的なLINE公式アカウントを、売上や集客UPに役立てましょう!

何からすればいいかわからない、という方は、まずは無料のLINE公式アカウント診断を受けてみてください。

LINE公式アカウント診断を受ける ≫

LINE公式アカウントのリッチメッセージとは?

リッチメッセージには二つの主要な機能が含まれています。
1. 画像やクーポンURLリンクを追加できる

ユーザーは直接プロモーションページや商品ページへと誘われます。

  1. テキストと画像を融合させて一つのメッセージを作成できる
    テキスト単体に比べ、画像と文字を組み合わせることで、ユーザーの目にもとまり記憶にも残りやすいので、思わずクリックしたくなります
    作成されたバナー画像にリンクを追加することで、多くの人々がリッチメッセージの機能を通じて良い成果を出しています。

リッチメッセージはLINE公式アカウントの認証済アカウントと未認証アカウント、すべての料金プランで使用できるため、どのビジネスでも簡単に利用でき、管理画面から簡単に作成が可能です。

リッチメニューとの違い

リッチメニューとリッチメッセージは、LINE公式アカウントで使える2つの異なる機能です。
リッチメニューはチャット画面の下部に常時表示され、ユーザーがタップして情報にアクセスできます。一方、リッチメッセージはメッセージとして送信され、一時的にユーザーの画面に表示されます。
それぞれの違いを以下の表にまとめました。

リッチメニューとリッチメッセージの違い

項目 リッチメニュー リッチメッセージ
表示場所 公式アカウントの画面の下部に常に固定表示される画像 画像にテキストを入れたものを、リンク付きでメッセージとして配信できる
用途
  • 販売ページなどあらかじめ設定しておいたURLにリンクを設置できる
  • テキストの送信、クーポン配布も自動で行える
リンク付きの画像も通常のテキストのように、メッセージとして送信できる
設定可能な要素 画像、リンク、クーポン、テキストなど 左に同じ
利用可能なアカウント LINE公式アカウントの認証済アカウントと未認証アカウント、すべての料金プランで使用可能 左に同じ

カードタイプメッセージとの違い

リッチメッセージとカードタイプメッセージは、LINE公式アカウントで使える2つの異なるメッセージ形式です。
リッチメッセージは、大きな画像に複数のタップ領域を設定でき、ユーザーがクリックすると指定のURLに飛びます。
視覚的に訴求力が高いので、商品やサービスの詳細を一目で伝えるのに適しています。
一方、カードタイプメッセージは、複数のカード(パネル)を横に並べて表示する形式のメッセージです。
一言でいうと、カードタイプメッセージは画像をより細かなカードにわけられます。
各カードには画像、タイトル、説明文、ボタンが含まれ、ユーザーがボタンをタップすると指定のアクション(例えばURLに移動)を実行します。
カードタイプメッセージは、複数の商品やサービスを一度に紹介するのに最適です。
それぞれの違いを以下の表にまとめました。

項目 リッチメッセージ カードタイプメッセージ
表示場所 画像もメッセージとして配信できる 左に同じ
用途 クーポンやショップカードなどのLINE公式アカウントの機能のほか、ECサイトや予約サイトなど、外部サイトへのリンクを設定できる 左と同様、さらにリッチメッセージよりももっと細かく画像に紐付くリンクをパーツで分けられる
設定可能な要素 画像、リンク、クーポン、テキストなど 画像、リンク、クーポン、テキストなど
利用可能なアカウント LINE公式アカウントの認証済アカウントと未認証アカウント、すべての料金プランで使用可能

左に同じ
相違点と使いわけのコツ 画像全体にアクションボタンを配置し、リンクをつけられる カード形式でパーツごとに情報が整理できる
使い分け 主に短くてインパクトのあるメッセージを伝えるのに最適 より多くの情報をユーザーに伝えたい場合に最適

メッセージ配信との違い

メッセージ配信は、テキストベースのメッセージをユーザーに送信する機能です。
テキストにリンクを含めることも可能で、簡単な情報やお知らせを伝えるのに適しています。
リッチメッセージほどの視覚的インパクトはないものの、頻繁なコミュニケーションや情報提供には最適です。

以下にLINEのメッセージ配信とリッチメッセージのそれぞれの違いを以下の表にまとめました。

項目 メッセージ配信 リッチメッセージ
内容の形式 基本はテキストのみで、文字にリンクを含めることが可能 画像にテキストとリンクを含めて配信できる
用途 通知、キャンペーン、商品紹介、イベント案内など、幅広い キャンペーン、商品紹介、イベント案内など画像付きでインパクトを与えたい訴求に最適
作成の手間 LINE公式アカウントの認証済アカウントと未認証アカウント、すべての料金プランで使用可能

左に同じ
クリック率 基本テキストがメインなので低め 大きな画像で目を引くのでに訴求力が高い
メリット 手軽で簡単に幅広い形式で情報を配信できる ユーザーのクリック率が高まりやすい

LINE公式アカウントを売上&集客UPに活用しませんか?

LINE公式アカウントを活用したいのに、知識不足や人材不足で諦めていませんか?

売上や集客に悩む企業様を影から支えるのが、URAKATA LINEです。

LINE運用のさまざまなお悩みを、独自のノウハウで徹底サポート!

まずはLINEお友だち登録で、無料の「LINE運用の教科書」をお受け取りください!

URAKATA LINEの独自ノウハウを見てみる ≫

LINE公式アカウントのリッチメッセージの作り方

ここでは、リッチメッセージの作成手順をご説明します。
初心者でも簡単に作成できるよう、基本的なステップから準備するべき画像のサイズや形式、タップ領域の設定方法など、具体的な操作手順を一つ一つ解説していきます。

まずは、LINE公式アカウントの管理画面にログインし、リッチメッセージの作成を開始しましょう。

LINE公式アカウントにログイン

LINEの公式アカウントマネージャーにアクセスして、ログインします。

リッチメニューを選択

左側のメニューから「リッチメッセージ」を選び、画面下部の「リッチメッセージを作成」ボタンをクリックします。
あらかじめ使用する画像を準備しておきます。
(下はサンプル画像:幅1040ピクセル×高さ1040ピクセルのJPEGまたはPNG形式で作成)

デザインの作成

タイトルを入力します。

②テンプレート変更をクリックし、ご自分のニーズに合ったテンプレートを選びます。

③メッセージ設定に、あらかじめ作成しておいた画像をアップします。

アクションの設定

④.画像やテキストに対して、クリック時のアクションを設定します。

プルダウンからリンク、クーポン、テキストの中から任意のものを選びます。

リッチメッセージのプレビュー

リッチメッセージの保存と公開

すべての設定が完了したら、「保存」ボタンをクリックします。

LINE公式アカウントを売上&集客UPに活用しませんか?

LINE公式アカウントを活用したいのに、知識不足や人材不足で諦めていませんか?

売上や集客に悩む企業様を影から支えるのが、URAKATA LINEです。

LINE運用のさまざまなお悩みを、独自のノウハウで徹底サポート!

まずはLINEお友だち登録で、無料の「LINE運用の教科書」をお受け取りください!

URAKATA LINEの独自ノウハウを見てみる ≫

LINE公式アカウントのリッチメッセージの配信方法

以下のステップに従って、簡単にリッチメッセージを設定し、配信できます。

メッセージ配信の手順

①左側のメッセージ配信から、メッセージを作成をクリックします。

リッチメッセージのアイコンをクリックすると、「リッチメッセージを選択」と表示されるのでクリック、既に作成しておいた画像から任意のものを選択します。

③.配信日時を指定します。

④プレビューをチェックします。テキストに間違いがないか、そして画像をクリックし、正しいリンク先に移動するかも確認しましょう。

⑤.配信をクリックします。

1. リッチメッセージの作成

LINE公式アカウントの管理画面から「リッチメニュー」を選び、新しいメッセージを作成します。

2.デザインの選択

テンプレートを選ぶか、オリジナルのデザインをアップロードします。画像とテキストの配置を決めます

3.メッセージの設定

配信するメッセージの内容を入力し、必要に応じてリンクボタンを追加します。

4.配信スケジュールの設定

配信日時を指定するか、即時配信を選択します。

5. 配信の確認と実行

すべての設定が正しいことを確認したら、配信を開始します。

リッチメッセージを取り入れるメリット

メッセージから誘導しやすい

リッチメッセージは、目を引く画像とそれに関連するリンクを組み合わせたものを発信できるので、ユーザーは思わずクリックしたくなる訴求効果があります。

そのため、スムーズに購買意欲を高めることができます。

目的に合わせてリンク先を設定できる

キャンペーン情報やクーポンコード、予約フォームなど、目的に応じてリンク先を自由に設定できますので、ユーザーの関心やニーズにあった情報を直接届けられます

例えば、新商品のプロモーションには製品詳細ページへのリンクを設定し、特別なイベントには参加登録フォームへのリンクを設定することもできるのです。

インパクトのある画像を届けられる

文字入りの画像にリンクをつけてメッセージとしても配信できるので、鮮やかなビジュアルでユーザーの目を引き、強い印象を残すことができます。

LINE公式アカウントを売上&集客UPに活用しませんか?

LINE公式アカウントを活用したいのに、知識不足や人材不足で諦めていませんか?

売上や集客に悩む企業様を影から支えるのが、URAKATA LINEです。

LINE運用のさまざまなお悩みを、独自のノウハウで徹底サポート!

まずはLINEお友だち登録で、無料の「LINE運用の教科書」をお受け取りください!

URAKATA LINEの独自ノウハウを見てみる ≫

リッチメッセージを使う際の注意点

画像のデザイン性や訴求力が求められる

リッチメッセージは、画像の存在感が大きいほど、ユーザーの目を引きメッセージの効果を高めますが、それゆえに画像の質が訴求力に直接影響しやすくなります。

画像の編集については、外部に依頼せずともCanvaのような簡単な画像編集ツールを使えば、リッチメッセージ用のフォーマットを基にして、初心者でも無料で簡単に適切な画像を作成できます。

このようなツールを使えば画像編集が初めての方でもスムーズにリッチメッセージを発信できるでしょう。

配信数が上限に達していると配信できない

リッチメッセージには、送れる回数に限りがあります

その上限に達すると、もうメッセージを送れなくなりますので計画的に配信しましょう。

有料版ではより多くのメッセージを送ることが可能ですが、それでも契約したプランに応じた上限が設定されています。

無駄な送信をひかえ、配信するメッセージの質とタイミングを慎重に選びましょう。

デザインやアクションの選択肢が限定的

リッチメッセージでは、使えるデザインやボタンの動作の種類がある程度決まっています。

無料版と有料版の両方で、どんなデザインや動作が使えるのかには限りがありますが、有料版ではより多様なデザインや追加機能が理容できることが一般的です。

無料版では基本的な機能が利用でき、自由にアレンジすることが難しいかもしれません。
一方、有料版ではより多くのテンプレートや特別な機能を使用でき、自分の好みに合わせてメッセージをカスタマイズできます。

どちらのバージョンを使う場合でも、利用可能なオプションを事前に確認しておくと良いでしょう。

LINE運用でお困りならURAKATA LINEに無料相談!

URAKATA LINEでは、お客様の現状に合わせた提案、サポートを実施しています。

  • 100社以上の実績による独自ノウハウを伝授
  • LINE運用の知識が豊富な資格所有者が在籍
  • BtoBからBtoCまで全業種に対応
  • 予算と要望にに合わせて選べるプラン
  • ヒアリングから進行まで徹底サポート

LINEで集客をしたいけどやり方がわからない、とりあえず登録したけどうまく使いこなせていない…とお困りなら、ぜひ一度URAKATA LINEにご相談ください。

いきなり問い合わせるのはちょっと…という方には、LINEのお友だち登録がおすすめです。

今ならLINEのお友だち登録で、LINE公式アカウントの構築・運用・事例がわかる資料を無料プレゼント!

LINE公式アカウント運用の見直しなどに、ぜひお役立てください。

LINE運用のお悩み相談はこちらから ≫